講座の模様午前に引き続き、午後は「ペット災害危機管理士®通学認定講座3級」開催です。
午前から続けて受講される方に、別の機会に4級を受講・取得された方をお迎えして、午後も盛況に開催しました。
午前の開催レポートはこちら この記事を読む

 

講座の模様アクション1-オリジナルハザードマップ作り。
各班の自宅条件を変えて、それぞれ予想される被害を挙げてもらいました。
●木造住宅の場合は?
●軽量鉄筋一戸建ての場合は?
●集合住宅(マンション)の場合は?
本当の自宅と違っていても、被害を予想する訓練を重ねることで様々なケースへの対応力を身につけます。また、それに対する事前策をしっかり講じましょう。

講座の模様講座の模様アクション2-避難スペース体験
部屋の中心のぽっかり空いたスペースは、避難所で割り振られる一人当たりの想定スペース2人分を区切って示しています。あくまで想定なので、実際はもっと狭いかもしれません。家族単位で詰めてスペースを共有しないといけないかもしれません。
狭い場所で複数人が寝ないといけない場合は、左の写真のように、頭と足を交互にすることで隣の人との距離感の狭苦しさを緩和できます。

講座の模様アクション3-避難所の配置を検討
避難所を学校として想定し、避難所として最優先される項目(設備)、避難者(住民)はどこで生活するのか、ペットはどこに配置されるのか。
ペットも一緒に避難して過ごせるように考える皆様から、色んな答えが発表されました。結果が必ずしも実現する訳ではありません、そしてやはりペットの配置は優先されないのが避難時の現実のようです。

 

この3級で現状を知り、さらに2級で自治体との連携(公助)を身に付けていただければ、最寄の避難所ではペット同行避難者への対応が変わるかもしれません。変わるよう目指していただきたいと願います。

最後はもちろん「ペット災害危機管理士®3級認定試験」を実施、結果をお楽しみに。

<受講生の声>
●誰かがやってくれるであろう、ではなく自らが率先してリーダーにならなければならないことに気付いた。
●グループごとに話し合いながらのシミュレーションは自分の気付かない事が分かるので勉強になりました。
●ペット同行避難については、地域住民が声をあげて、状況改善をしていく必要があると気が付けた。
●4級「自助」と3級「共助」の内容を活用、発信していきたいと思いました。

次回開催は7月24日(日)です!午前の4級とともに受付中です!
詳しくはこちら

 

 

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)