気象病とは、近年認知されつつある病名で、気象の変化に敏感に反応する症状と考えられる病気です。

雨が降る前に頭痛が起こる、雨の日は必ず下痢をする、といった場合は、気圧の高低差が影響していると言われています。

その他にも、めまい症,うつ病、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、じんましんが悪化する事もあります。

自律神経系のバランスが乱れ、それがストレス刺激となってさまざまな疾患を引き起こすのでしょう。

予防法は、簡単なようで難しい「十分な睡眠」や「正しい食生活」です。毎日は無理でも、起床・就寝時間を一定にする、なるべく決まった時間に3食たべる、シャワーだけでなく湯につかる、など日常の規則正しい生活を地道に続けて「適応力」をつけ、気象病になりずらい体質にしていく事が大事ですね。
人間も動物も、毎日食べる食事で体や細胞が作られています。

愛犬や愛猫は、自然の力を人間以上に過敏に感じます。特に夏から秋は、1日の中でも気温差が激しく、また台風による大雨・強風の影響によりとてもストレスを感じている事でしょう。食欲が無い時は、ドライフードを一粒ずつ噛み砕いてからあげたり、湯でふやかしたり、食べやすい工夫をしましょう。

雷や大雨の音を嫌がるペットは、手の平で優しく撫でてあげるだけでも安心を与えます。

豊かな四季に恵まれた日本、時には自然現象が猛威をふるいますが、暑さ寒さが厳しい季節にも「適応力」をつけて上手に体調管理をしていきたいですね。
SAEメルマガ登録
★健康注意点など飼い主様への情報を配信中★
メルマガのサンプルはこちら(アドレスだけで登録できるので是非お気軽に!)