前回の記事はコチラ この記事を読む

前回お伝えしたとおり、平成27年度の全国接種率は71%で、地域によっては50%を切る結果になっていますが、なぜでしょう。

未接種の理由は、狂犬病はすでに根絶されているから、副作用が怖い、海外では禁止されているのに、など様々です。

日本では根絶に成功したものの、世界規模ではまだまだ流行しており、副作用に関しても絶対にでないワクチンは存在しません。

体調が優れないようであれば接種を延期する、ワクチン接種後は静かに過ごすなどして副作用の影響を少なくすることも重要です。
また、海外で禁止されているという場合でも、実際は、「もし発症が確認されればその地域全体の犬を隔離後、必要に応じて殺処分する」ということが飼い主にもしっかりと浸透した上でのことです。

全体の70%に免疫があれば流行は防げる、とのことですが、今の全国接種率では、その70%を維持することも難しい状況になりつつあります。
なぜ日本では法律で義務付けられているのか、それにはきちんとした理由があるのです。

ワクチン接種を悩む飼い主にはこう聞くことがあります。
もし、日本で再び狂犬病が発症したとき、あなたの犬が感染したらどうしますか?
感染した状態で人を咬んでしまったらどうしますか?
そのことを、飼い主1人ひとりが考え直す時期に来ているのかもしれませんね。
ワンポイントアドバイス
メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)