在宅でも通学でも自分のペースで取れるペットの資格 犬、猫を愛するすべての方におすすめの通信通学講座です。

動物介在福祉士ライセンス 取得対策講座(動物取扱業登録申請認可)

動物を介して人々の心を癒す、これからの福祉を支える重要な存在

講座概要

動物の存在を通じて人間の心身を癒したり(アニマルセラピー)、生活の質を向上させるなど、あらゆる人が心豊かな生活を送ることができるよう活動を行うのが動物介在福祉士です。アニマルセラピー活動に携わるために必要な対象となる人についての知識や、パートナーとなる犬や猫に関する幅広い知識と技術を習得した証が、動物介在福祉士ライセンスです。
%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93-1

一般社団法人 全日本動物専門教育協会の動物介在福祉士資格は「動物取扱責任者」登録申請時の要件の中に記載されている「営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得している証明」に認められています。

「動物取扱責任者」とは

「動物の愛護及び管理に関する法律」において、動物の取扱業(動物の販売、保管、貸出、訓練、展示、競りあっせん、譲受飼養を業として行う者)は、当該業を営もうとする事業所の所在地を管轄する都道府県知事の登録を受けなければいけません。

動物の取扱業には、第一種動物取扱業者と第二種動物取扱業者があり、第一種動物取扱業者(動物の販売、保管、貸出、訓練、展示、競りあっせん、譲受飼養を営利目的で業として行う者)は、動物の適正な取扱いを確保するための基準等を満たしたうえで、都道府県知事又は政令市の長の登録を受けなければなりません。
また、飼養施設を設置して営利を目的とせず一定数以上の動物の取扱いを行う場合については、第二種動物取扱業者(動物の譲渡し、保管、貸出、訓練、展示を非営利で業として行う者)として、都道府県知事又は政令市の長の登録を受けなければなりません。

公認永久ライセンスの特徴

公認永久ライセンスを取得するには、学科試験のみならず、実技試験が必須受験科目になっております。これは、知識だけではなく、実際の現場で活かせる技術力も伴ったライセンスということの証明でもあります。その為、「動物取扱責任者」の登録申請の要件に記載されている「営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得している証明」に、認められています。
本講座で取得に向けて学ぶ動物介在福祉士ライセンスは、この「動物取扱業」の種別の5種(販売・保管・貸出・訓練・展示)で認められています。

カリキュラム内容(一部抜粋)

動物介在福祉士カリキュラム(抜粋)

スクーリング時間合計:165時間、自宅学習時間合計288時間、合計時間453時間
※他にも様々な知識・技術を学びます。

全ての科目において、自宅学習とスクーリング行うことで、不明点をなくし、各科目を修得。
また、自宅学習を多く取り入れることによって、自分のペースで学習スケジュールを組むことができます。

研修先/講師陣 VOICE

動物介在福祉(アニマルセラピー)は、福祉の仕事をしている私たちにとって組織としても職員としても興味深く、癒しの効果だけでなく、心身のケア、改善策として今後ますます重要なものになっていくと感じています。「浦安エデンの園」を活用し、動物介在福祉士として活躍する場の提供に留まらず、より良い社会づくりを一緒に進めていけることを期待しています。

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 浦安エデンの園・園長 鈴木 太佳人

社会福祉概論講師今回、動物介在福祉士の育成に関わり、そのカリキュラムの中に、福祉に関る現状の枠組みや課題、今後の展望を把握するための方策として「社会福祉概論」が組み入れられていることは、福祉の研究者として非常に意義深いことだと感じています。私の講義では、社会福祉の取り組みの概要について扱います。動物やその関係者が、社会の中でどのように連携し貢献できるか、みなさんと考えていきたいと思います。

立命館大学大学院 西野 勇人(担当:社会福祉概論)

受講からライセンス発行までの流れ

  1. 受講
    yajirushi
  2. 講座修了試験(修了試験合格で動物介在福祉士初級ライセンスの受験資格取得)
    yajirushi
  3. 動物介在福祉士 初級ライセンス受験(学科・実技)
    学科・実技とも70点以上獲得で合格
    yajirushi
  4. ライセンス登録
    yajirushi
  5. ライセンス証書発行

資格取得後、活かせる分野

  • 動物だけではなく、人間の福祉関係も学ぶため、アニマルセラピーに興味がある、もしくは実際にアニマルセラピーを導入している介護・福祉施設などでも活かせます。
  • 「しつけ」「動物看護」「美容」の基礎を学ぶため、ペットのしつけ教室、老犬施設、ペットサロン、ペットホテル、ドッグカフェ、ペットシッター等、各種動物に関わる仕事への就職に役立ちます。

受講詳細

募集定員 定員15名
受講期間 約6ヶ月
受講スタイル 自宅学習および約週1回のスクーリング
スクーリング場所 当協会セミナールーム(一般社団法人 全日本動物専門教育協会)
〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目10番5号 銀座オオイビル5F)

講座日程

第2期生(10月開講)募集中!講座日程カレンダーはこちら 

受講料

受講料 定価 800,000円
(税込)

※受講料には、会員登録料、教材一式、修了試験料、消費税が含まれています。
※その他にかかる費用
●公認永久ライセンス 動物介在福祉士 初級ライセンス受験料 15,450円(税込)
●公認永久ライセンス 動物介在福祉士 初級ライセンス登録料 20,600円(税込)

お支払い方法
クレジットカード決済 VISA/MASTER/JCB/AMEXに対応しています。
カードの種類により分割回数を選択いただけます。
銀行振込 お申込み後7日以内に、教材または商品代金をお振込下さい。

資料請求・受講お申込み

資料請求した方限定の特典付き
無料資料請求は下のボタンよりお申込みください。
無料資料請求

受講お申込みはお電話、またはインターネットから承っております。
TEL 03-5565-0533 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

過去の開催レポート

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5565-0533 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

【限定特典付き】 パンフレットを無料でお届けします 各種講座の資料を取り揃えております

簡単、選べるお支払い方法 インターネットよりお申込みいただけます お申込みサイトへ移動します

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

キャンペーン

あなたにあった資格講座

通信講座

  • 愛玩動物救命士(通信)
  • ペット災害危機管理士(通信)
  • 愛玩動物介護士(通信)
  • 犬の在宅看護師(通信)
  • アニマルアロマアドバイザー(通信)
  • 猫健康管理士(通信)
  • 犬の東洋医学生活管理士(通信)
  • 犬の管理栄養士(通信)

通学講座

  • 犬の健康管理士
  • ペット災害危機管理士(通学)
  • 犬の東洋医学生活管理士(通学)
  • SAE Academy Pro 業者向け人材育成講座
  • SAE Academy プロ育成講座
  • ★プレミアム講座★ヴィベケ・リーセ 2017 JAPANツアー
  • よくあるご質問(FAQ)
  • ワンポイントアドバイス 健康管理などの役に立つ情報をまとめました。
  • 特集ページ ペットと人の共生社会を考える~

私達も応援しています!ペットの資格を応援してくださる著名な方々

  • 一般財団法人全日本動物教育協会(SAE)
  • メールマガジンの登録 資格とセミナーの最新情報をお届け
PAGETOP
copyright© 一般社団法人 全日本動物専門教育協会 All Rights Reserved.