9月1日は【防災の日】です。

まめ知識
大正12年9月1日に発生した関東大震災を忘れないように、という思いで9月1日が「防災の日」と定められました。昭和34年に大きな被害を生んだ伊勢湾台風が襲来したのも9月。
みんなで防災を見直すきっかけにしたい日ですね♪

災害を防ぐことは出来ませんが、一人ひとりが防災の準備をできていれば被害を減らすことができます。
ペット災害危機管理士®資格を創設して以来、日本中でたくさんの方に資格を取得して頂きました。
今日は、通信講座4級・3級合格の皆様からお寄せいただいた声をまとめました。

1.本講座を受講しようと思ったきっかけを教えてください。
●もっと詳しく勉強して、これからの災害時に備えたいと思ったため受講しました。
●ペットを置いて避難は家族を置いていくのと同じであり、ペット同行避難をちゃんと知っておきたいと思いました。
●個人的にも仕事にも役立てられると考えたため申し込みました。
●小さい頃から避難経路を見るのが好きだったので、防災にとても興味があり、東日本大震災で取り残されたペットたちを見て、自分にできる事を考えていました。これからの事を考え、もしもの時につらく悲しい思いをするペットたちを減らしたいと思い受講しました。

2.通信講座を受講してご自身が気付いたことはありましたか。
●未経験の避難や避難生活について、もっともっと理解と備えが必要だと思いました。
●自分だけでなく、近所の方も手助けできる内容だったのがとても良かったです。間違った認識をしていた部分もあり、この講座を勉強できてよかったと思います。
●なんとなく、あいまいだったところが、明確になりました。
●東日本大震災での教訓など、テレビや文献を見て色々と勉強し考えていたつもりでしたが、受講すると見落としてる事がたくさんあることに気付き、もっと勉強したいと思いました。受講して良かったです。

3.受講した内容を今後どのように活かしていきたいですか。
●周りのペットがいる友達や家族へも今回の勉強内容を伝え、皆で話し合い、備えをしていきたいです。
●今後、自分が避難する事になった時や他の地域で同様のことがあった時、今回勉強した知識を活かしていけたらと思っています。
●万が一に備え、友人・知人や仕事を通して多くの方々とこの内容を共有していきたいです。
●まずはペットたちを含む大切な家族を守るために災害に備えて、避難グッズの準備や避難ルートの複数の経路を探しておきたいと思います。そして、職場の人たちにも色々と減災についてアドバイスしていきたいです。
アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)