宮戸みつるさん

【ペット災害危機管理士(R)2級 資格取得年月日】2017年9月30日

昭和45年6月9日 神奈川県藤沢市生まれ(戌年)
妻ルミ、愛犬コナ(シーズー&ペキニーズのミックス)
総理秘書を経て、地元藤沢にて動物を愛する議員(現在11年)として活躍。

ペット災害危機管理士(R)を取得するきっかけは何だったのですか?

災害時のペットに対する行政の対応について、かねてより様々研究を行っている最中、友人である目黒区議の勧めで資格を取得しました。特に、災害時の行き場のないペットへの対応や、ペット同行避難への対応について警鐘を鳴らしていました。藤沢市での犬の飼育割合は10世帯に対し1世帯、犬と猫の全国の飼育統計は4世帯に1世帯、と多くの世帯でペットを飼育しています。このことからも、ペットは”物”ではなく家族であり、広い社会認知が必要であると考えたためです。

資格取得後のメリットや活用について教えてください。

ペット災害危機管理士(R)資格を4級、3級、2級と受講し、これまで活動してきたことへの自信と説得力が増しました。
藤沢市は、避難施設運営マニュアル(ペット対策編)、災害時動物救護マニュアル(ペット飼い主編)を作成していましたが、活用方法についての提言に資格取得が役立ちました。
また、公益財団法人動物環境・福祉協会Evaの理事長で女優の杉本彩さんや、神奈川県動物保護センターとの会談の際にも、ペット災害危機管理士(R)講座で学んだ知識等が非常に役に立ちました。

これからの活動や今後の目標について教えてください。

ペットは日本全国どこにでもいることから、仲間を増やし、より大きなうねりにすることが重要と考えています。その為、日々行政を動かす仲間の議員や各機関への周知の徹底等、活動範囲を広げていきます。勿論、ペットに対してアレルギーのある方、苦手な方々への配慮や、また飼い主のモラルの引き上げも重要であり、これらが相まって行き場のないペットの減少に繋がります。そのことを念頭に、活動を更に拡げていきたいと考えています。

妻ルミと愛犬コナとのひと時①

妻ルミと愛犬コナとのひと時②

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)