ペット災害危機管理士(R)は、SAEが平成27年2月に飼い主の危機意識の啓発のため発足しました。
地震・火災など有事の際、ペットと飼い主を避難誘導・救援等するため、飼い主の統率を取るスペシャリストの育成事業として4級から1級まで、「準備」「避難」「責任」「指導」の4段階に分けた実践力のある認定資格です。
『2級』では、周囲への配慮と守られるべきマナーやモラルなど社会的「責任」、公助(行政・自治体)との連携について修得します。

2級講座の会場は、東日本:神奈川県箱根町と西日本:広島県東広島です。
次回開催は、9月27日(日)箱根町、11月22日(日)東広島にそれぞれ決定しました。

●平成30年7月豪雨を経験した東広島
●噴火災害と豪雨災害を経験した箱根

こうした災害経験地で過去の教訓を体感で学び、飼い主としての社会的な責任や自治体との連携などについて修得します。
ペット災害危機管理士(R)4級と3級で学んだ内容を踏まえて、ペット災害危機管理の更なる実践力をこの講座で学んで頂きます。

■(箱根)9/27(日)ペット災害危機管理士(R)通学認定講座2級のお申込・詳細はコチラ
詳しくはこちら

 

■(東広島)11/22(日)ペット災害危機管理士(R)通学認定講座2級のお申込・詳細はコチラ
詳しくはこちら

ペット災害危機管理士(R) 今後の開講スケジュール

★4級・3級の東京銀座以外の開催は、通学講座日程一覧をご確認下さい!
詳しくはこちら

災害が多発する日本列島において、SAEではペット災害危機管理士(R)資格者が増えることにより、飼い主への安心安全サポートを強力に且つ効果的に行うことのできる環境とコミュニティー創りを推進していきます。

ペット災害危機管理士(R)講座は、神奈川県箱根町/一般社団法人 気仙沼観光コンベンション協会/リアス・アーク美術館の後援名義の使用が承認されております。
「ペット災害危機管理士」は、一般社団法人 全日本動物専門教育協会の登録商標です。(登録商標第5784901号)
メルマガ★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)