ペット災害危機管理士(R)は、SAEが平成27年2月に飼い主の危機意識の啓発のため発足しました。地震・火災など有事の際、ペットと飼い主を避難誘導・救援等するため、飼い主の統率を取るスペシャリストの育成事業として4級から1級まで、「準備」「避難」「責任」「指導」の4段階に分けた実践力のある認定資格です。

この度、災害の教訓を学ぶ場として新たに益城町テクノ団地を最上級の1級講座の開催地に設定し、第5回ペット災害危機管理士(R)1級講座を11月10日(土)開催します。その募集を本日より開始しました。

ペット災害危機管理士®通学認定講座1級のお申込・詳細はコチラ
詳しくはこちら

『1級』では、ペットと災害危機管理について啓蒙・普及を促進し、公助(行政・自治体)と協力できる「指導」を担います。
益城町テクノ団地で開催する意義は、災害経験地の当時の被害と今日に至る歩みを実感してもらい、既存の知識と実情のギャップを埋めることで、4級から修得した全ての能力を実務や発災時の機動力へ転化していけるよう強化させることです。また、被災地であるというだけでなく、東日本大震災の反省を活かして大規模にペットの救援が行われた初の事例もあり、テクノ団地が仮設住宅としてあるまでの限定的な開催地であることから、学ぶべきことや語り継いでいくべきことが多くあると考えたからです。

テクノ団地仮設住宅

テクノ団地内営業店舗

 

講座では、支援に対する体制整備についてやペット同行避難の事例などを、当時の被災ペットの預り施設の運営責任者や、実際に同行避難をされた飼い主の方など外部講師から学びます。受講生は貴重な経験とともに、1級で必要とされる能力の修得を目指していただければと思っています。

ペット災害危機管理士®通学認定講座1級の詳細はコチラ
詳しくはこちら

当講座は、神奈川県箱根町/一般社団法人 気仙沼観光コンベンション協会/リアス・アーク美術館の後援名義の使用が承認されております。

ペット災害危機管理士(R) 今後の開講スケジュール

災害が多発する日本列島において、SAEでは当該有資格者が増えることにより、飼い主への安心安全サポートを強力に且つ効果的に行うことのできる環境とコミュニティー創りを推進していきます。
「ペット災害危機管理士」は、一般社団法人 全日本動物専門教育協会の登録商標です。(登録商標第5784901号)

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)