愛着が悲嘆を生む

男性ならば時計や万年筆に、女性ならば服やアクセサリーなどに「愛着」を感じることもあるでしょう。
日常用語ともなっている、この「愛着」が、じつはペットロスによる悲嘆の衝撃を左右する重要な条件になります。
ペットロスの悲嘆は、ペットとの愛着(attachment)の頻度と深度が関係して発生します。

愛着という“無敵感”(前編)

愛着は、飼い主がペットに無意識に発した行動(発信行動)に対するペットの反応を意識することでスタートします。

たとえば、飼い主が職場で上司に叱責されて帰宅し、それをペットのそばで語ったとします。
飼い主は、むろん、ペットに何かを解決してもらおうとは考えていません。
ところが、気づくと、ペットが自分の横に座り、まるで「自分の愚痴を嫌がることもなく、じっと聴いてくれた」ように感じたり、「自分に体を寄せて、“大丈夫だよ”と言ってくれている」ように飼い主が感じたとします。
ペットへの愛着は、この時に強化を始めます。
本当にペットが飼い主を気遣った行動をとったか否かではなく、飼い主がそのように感じることで、飼い主は、そのペットへの愛着を強め始めるのです。
これは、ペットの行動が、飼い主にとって適切であったことを示しています。

寄り添う男の子と犬

 

◀◀◀獣医師から学ぶペットロスの心理とはvol.2
この記事を読む

 

 

▶▶▶獣医師から学ぶペットロスの心理とはvol.4
この記事を読む

 

「獣医師から学ぶペットロスの心理とは」一覧に戻る

 

ペットとの別れを悲しいだけのものにしないためにペットロスを正しく理解する

「ペットも家族の一員」と考える飼い主が増えました。それに伴い、ペットとお別れしたときに何かしらの肉体的・精神的不調を訴える人が増えています。ある保険会社の調査によると、「突然悲しくなり涙が止まらない」「疲労感、虚脱感、無気力、めまい」などのペットロスによる症状を1ヶ月以上も体験した飼い主は半数にも上ります。
何故このようにペットロスによる症状が現れるのか、どのように対処していけばよいのかを、正しい知識と理論から学び、ペットロスに対するセルフマネジメント能力を身につけてみませんか。

ペットロスケアマネージャー通信認定講座とは
いつか必ず訪れるペットとの別れをつらく悲しいだけの出来事にしないために、ペットロスに関する心理的基礎知識と理論を学び、飼い主心理の理解と悲しみから立ち直るためのセルフマネジメント能力を身につけます。
 詳しくはこちら

 

メルマガ★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)