8月上旬、飼い犬に傷口を舐められて感染症を発症し四肢切断、という衝撃的なニュースが目に入ってきました。
「カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症」と呼ばれる感染症によるもので、2018年にも同じように飼い犬に傷口を舐められたと思われる方が発症、やはり四肢切断を余儀なくされています。
上記2件は、どちらもアメリカで起きたことですが、実は日本国内でも、1993年から2017年末までに計93例の報告があり、そのうち19例が亡くなるという、他人事ではない感染症なのです。
この感染症について、犬猫飼養アドバイザーが解説します。

感染原因は?

犬や猫などに咬まれたり引っ掻かれたりした傷からの感染や、舐められるといった接触からの感染が原因とみられています。
(もっと詳しく知りたい方は、ぜひ厚生労働省のHPでこの感染症を検索してみてください)

症状は?

発熱、倦怠感、腹痛、吐き気、頭痛などといった、一見すると風邪や食中毒、インフルエンザとも思える症状が出ます。
しかし、重症化すると敗血症や髄膜炎を起こし、その結果、播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血性ショック、多臓器不全に進行して死亡することもあるようです。
患者のうち、糖尿病、悪性腫瘍などの基礎疾患を有する方が約半数、健康な方でも免疫が落ちているときなどに感染・発症することが確認されています。

どうすれば防げるのか?

この菌は、犬猫の口の中に普通いる常在菌。
排除することもできなければ、ワクチン等も存在しません。
一番は咬まれたり引っ掻かれたり、過剰に舐められたりと、過度な接触は避ける事です。

飼い主さん自身もじっくり考えてみましょう。
色々な飼い主さんとお話する中で、「どうして舐めさせちゃいけないの?愛情表現なのに」と仰る方は一定数います。
中には、「人間の口の中の方が細菌が多いのに気にする必要ある?」と仰る方もいます。

では、少し想像してみてください。
自分の飼われているペットが他の方を舐め、それが原因で感染症を引き起こし、四肢切断や最悪お亡くなりになる可能性があるということを。

飼い主さんが過度な接触を良しとすることは、フレンドリーな子は他の人にも同じように接しようとします。
その結果、重大な事態を引き起こす可能性があるということを、飼う人間の責任として、知っておかなくてはいけません。

もちろん、過剰に恐れる必要はありません。
犬猫たちからうつる病気があることを正しく知り、正しく恐れ、適切な距離感で接するように心がけましょう。

 

メルマガ

★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)