確認された感染者数が東京都では3,000人、全国では1万人を超え、全国的にもまだまだ予断を許さない状況。
緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大され、外出自粛要請が出ているものの、仕事の関係で出歩かざるを得ない方々がいるのも事実です。

今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって、日本が今までにない状況に置かれているまさに今が「非常事態」=「災害」と捉え、減災・防災に努め、出来ることは何か確認していきましょう。

もしも新型コロナウイルスに感染してしまったら

前回に引き続き、もし飼い主が一人暮らしで新型コロナウイルスに感染してしまった場合の、ペットたちの預ける場合とその時のお手入れについてです。
▼前回の記事(一人暮らしで自宅療養の場合のペットのお世話について)はコチラ
新型コロナウイルスを「災害」と捉えて備える~もしも飼い主が感染してしまったらPart①~

飼い主が新型コロナウイルスに感染してしまった場合のペットのお世話は、前回お話した通りです。
それに加えて、もし、預かってもらう場合には、やるべきことがあります。
それは、濃厚接触動物であるペットを預ける方法と、その子のシャンプーです。

ペットを預けるとき

まず、預ける方法ですが、一番は室内に入るのではなく、玄関先で預かってもらうのがいいでしょう。
迎えにきてもらう時間帯をあらかじめ決めておき、着く直前にペットをキャリーに入れて外に出しておきます。

この時、布製のバッグ等ではファスナーなどを開けたりして逃げ出す可能性もありますから、逃走防止をしっかりすること。
できればクレートの方が逃走しにくいこと、乗り物での移動も固定しやすい、消毒しやすい、といった面から、安全だと思われます。

預け先へ色々と持たせたい気持ちもわかりますが、必要最低限のフードや食器のみ、用意するようにしましょう。
敷き物やおもちゃなどを用意するということは、万が一それにウイルスがくっついているようであれば、預かり先を感染のリスクにさらすことと同意です。
ここはぐっと我慢です。

預かり先では着いたらまずシャンプー

次に、預かり先では施設に入れる前にシャンプーをする必要があります。
これは感染している飼い主さんがやっては意味のないものですから、預かり先の施設やお家に連れてきてからの作業となります。

海外では、屋外でのシャンプーを推奨しているようですが、日本、特に都市部ではほぼ不可能。
となると室内でシャンプーするしかありません。この場合、シャンプーした場所は準汚染ゾーンとなり、徹底した消毒と換気が必要ですから忘れずに!

ある獣医師が説いたマニュアルでは、シャンプーは通常のものでよいが、ドライヤーはなるべく避けた方が良いとのこと。
タオルドライだけではなかなか大変ですが、これもウイルスの拡散を防ぐために必要なこと。

他の災害では、一時的であれば水のいらないシャンプー等を使うこともありますが、今回は洗い流す、という意味がありますから、その違いは把握しておきましょう。

もちろん、皮膚の状態が悪い場合や、子犬、シニア犬などで長時間被毛が濡れていることで健康に影響が出そうな場合のみ、ドライヤーを手早く使って乾かしてあげましょう。

こういう手順は、動物病院やショップさんではすでに新型コロナウイルスへの対策として取り入れている施設もあるかもしれませんが、別居の家族や知り合いにお願いする、といった場合には、知らない可能性もありますから、知人にお願いすることを検討している方は、前もって話し合っておきましょう。

クレートに入った白い犬

 


ペットと暮らすことを正しく学び、健全で憂いなくペットライフを送るには?
犬猫飼養アドバイザー通信認定講座で、犬猫の適正飼養や飼い主の心構えについての知識を学べます。

 
犬猫の病気の知識を持ち、犬猫の健康管理と病気の予防対策を行うには?
犬の在宅看護師通信認定講座猫疾病予防管理士通信認定講座で、犬猫の病気と予防管理についての知識を持ち、犬猫が健やかに生きるための知識を学べます。

▼こちらもチェック!
新型コロナウイルスから考える「目に見えない災害」

 

メルマガ★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)