最近、子犬と間違えて子狐を保護したニュースや、札幌をはじめ北海道内の都市部の市街地や公園で、キタキツネが頻繁に姿を見せているといったニュースを見かけます。
実は、北海道では数年前から公園などにキタキツネが出没するようになり、問題になっていました。
原因は、野良猫が減り、餌となるネズミが増えたことで、人里に降りてすみ着くようになったとされています。

では何が問題なのか。
それは、キタキツネが排泄する便には、寄生虫のエキノコックスが含まれている場合が多く、人に感染すると重い肝機能障害を引き起こす恐れがあるためです。
北海道では毎年10名程度が感染しているとのことです。

このエキノコックスは、サナダムシの一種で、感染したネズミを食べたキツネに寄生します。寄生したキツネの腸内に卵を産み、ふんと一緒に排出された後、沢の水を介するなどして人が体内に取り込むことで感染します。

昔から、北海道や北東北では、山にいっても沢の水を飲むな、と言われているのですが、これはエキノコックスへの感染を警戒してのことです。
潜伏期間は5~15年で、発症すると病巣を完全に切除する以外に有効な治療法はありません。

エキノコックスは、日本では北海道だけに存在すると考えられてきましたが、2005年には埼玉県で捕獲された犬の糞便から、また、2014年4月には愛知県知多半島で捕獲された犬からエキノコックスの虫卵が確認されています。
北海道はもちろんのこと、他都県でも、道外への引っ越しや道外からの引っ越し、犬連れの旅行に際して、エキノコックスへの注意を呼び掛けていますが、知らず知らずのうちに本州へその脅威が忍び寄ってきています。
今後、北海道への犬連れの引っ越しや旅行の予定を控えている方は、事前に勉強してからいくことを強くお勧めします。

感染症を防ぐために重要なことは、正しい知識と適切な対応です。
キタキツネのニュースを見かけるこのタイミングで、エキノコックスについて学んでみましょう。
ちなみに、札幌市のHPを確認すると、今回の新型コロナウイルスの影響を受けて、エキノコックス症検診は令和2年9月末まで中止しているようです。

 

メルマガ★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)