もうそろそろ花粉に落ち着いてほしい今日この頃。
絶賛花粉症に悩まされていますが、皆さまは大丈夫でしょうか?
この時期は花々も咲き誇り、お散歩のときに目を楽しませてくれたり、お部屋に飾ることで華やかな気分にもなれます。
しかし、植物の中にはペットにとって危険なものもあります。
今回は春の花の定番、チューリップについて愛玩動物救命士とみていきましょう。

チューリップ

春になるとよく見かけるチューリップ。
プランターや庭先など、もっとも身近にある春の花かも知れません。

しかし、チューリップには「ツリピン」という有毒成分が花、茎、葉、球根の全草に含まれており、犬が食べてしまうと下痢や嘔吐といった中毒症状を引きおこすとされています。
また、この成分が皮膚につくと炎症を起こしてしまう可能性もあるので注意です。

チューリップ畑で愛犬と写真を撮りたい!という方がいらっしゃるかも知れませんが、誤食などには十分気をつけましょう。

もちろん、犬だけではなく、猫たちにとってもチューリップは非常に危険な植物です。
実際に、部屋の中に飾っていたチューリップを猫が誤ってかじってしまったことにより腎臓機能が低下する腎不全となり、手を尽くしたものの、結果的に急性腎障害から回復できずに亡くなってしまった、という話がありました。

実のところ、葉や花を食べるだけではなく、花粉や花瓶の水を舐めることすら中毒症状を引き起こす原因となります。
特にチューリップの球根は猫に中毒症状を引き起こす成分が多く含まれているため、ご自宅でチューリップの球根を取り扱う場合には、細心の注意を払ってください。

なお、チューリップを口にしたことに気付き、すぐに動物病院に連れて行ったとしても手遅れの場合が多く、ほとんどの場合、急性腎不全で亡くなってしまいます。

猫の命を守るためにも、猫が触れられるような範囲にはチューリップを置かないようにし、かじられない対策はもちろん、花粉がつかないようにする必要もあります。
猫はセルフグルーミングする動物であり、身体についた花粉を舐めて摂取してしまう可能性があるからです。
できれば、猫が出入りする部屋にはチューリップを飾らないことが一番の安全策でしょう。

今回はチューリップについてお話しましたが、犬や猫にとって危険な植物は身近に多くあります。
ペットを飼っていてもお花を楽しみたい飼い主もいらっしゃることでしょう。
しかし、その植物によって大事な愛犬や愛猫の命が危険にさらされることも事実。
その植物がペットにとって有害かどうか知ると同時に、安全に楽しむための対策も徹底することを忘れないようにしましょう。

 

  
犬猫の緊急時の対応、病気の知識を持ち、犬猫の事故を防ぎ、健康管理と病気の予防対策を行うには?
愛玩動物救命士通信認定講座犬の在宅看護師通信認定講座猫疾病予防管理士通信認定講座で、犬猫の事故・怪我や病気と予防管理についての知識を持ち、犬猫が安全に健やかに生きるための知識を学べます。


ペットと暮らすことを正しく学び、健全で幸せなペットライフを送るには?
犬猫飼養アドバイザー通信認定講座で、犬猫の適正飼養や飼い主の心構えについての知識を学べます。

▼こちらもチェック!
愛玩動物救命士が解説!キレイな花には毒がある!?犬猫の身の回りの危険植物
6月紫陽花編
この記事を読む

8月アサガオ他編
この記事を読む

犬猫飼養アドバイザーが解説!散歩や庭先で見かける、気を付けたい犬猫に危険な植物
この記事を読む

 

メルマガ★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)