旬な食材を使って、愛犬の食事にひと手間加えて楽しんでみませんか。
りんごは年間を通して流通していますが、品種によってそれぞれ旬があり、おおむね秋から冬(10月~12月)が旬にあたります。
今回は、りんごを食事に取り入れる際の注意点についてご説明します。

犬の管理栄養士アドバンス講座監修獣医師 岩佐保宏先生

犬の管理栄養士アドバンス講座監修獣医師 岩佐保宏先生

▼岩佐先生のプロフィールと監修講座はこちらでご覧いただけます
SAEペットの資格講座 監修する獣医師軍団

食材から見る栄養管理術~りんご編~

りんごはバラ科リンゴ属の植物で、亜寒帯や温帯の地域を中心に世界中で栽培されています。
りんごは水分が多く、重量の85%程度を占めます。また炭水化物も多く含まれます。

(100gあたり) エネルギー
(kcal)
蛋白質
(g)
脂肪
(g)
炭水化物
(g)
りんご・皮むき・生 57 0.1 0.2 15.5
りんご・皮つき・生 61 0.2 0.3 16.2

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」より

中でも特筆すべきは、ポリフェノールやカリウムが多く含まれる点です。

ポリフェノールは抗酸化作用があり、体内で生じた活性酸素を除去する働きがあります。人間では、動脈硬化を防ぐ作用があることが分かっています。また、近年、脂肪吸収の抑制効果、つまりはダイエット効果も認められています。

一方のカリウムは、体内のナトリウムを排出する作用があります。ナトリウムを排出することで、体内の水分量を適正に保っています。

また、可溶性の食物繊維であるペクチンが豊富に含まれており、大腸内で善玉菌を増やす環境を整えます。

りんごは、主食として基本的には犬に与えても良い食材です。
ただし、次の場合には注意が必要です。

  1. 腎臓疾患を抱えている場合
  2. 心臓疾患を抱えている場合
  3. アレルギー体質の場合

豊富に含まれるカリウムは、腎臓や心臓に疾患を抱えている場合は要注意です。
腎機能が低下すると、腎臓から対外へ排出されるカリウムの量が低下し、高カリウム血症となります。
高カリウム血症は不整脈を引き起こすことが分かっているため、注意して下さい。

また、りんごを含むバラ科の植物にアレルギーを持つ犬が報告されています。
人間では、バラ科の植物はアレルギーを引き起こしやすい食べ物として認識されていますので、注意しましょう。
詳細は、「管理栄養士アドバンス」に記載しておりますので、ご参照下さい。

りんごに多く含まれるポリフェノールは、特に皮と実の間に存在しています。したがって、皮をむかずに細かくし、与えると良いでしょう。大きなままだと消化吸収できず、そのまま便として出てきてしまいます。
また、熱には強いですが、水に溶けやすい性質を持つので、加熱する場合には、出てきた水分も利用すると良いです。

なお、りんごの種には猛毒のアミグダリンが含まれます。嘔吐やけいれんなどの症状を示すことがあるので、種は絶対に与えないようにしましょう。
すりおろしりんごは摂取しやすく、また水分補給にもなるので老犬や体調不良の犬にお勧めです。

 

犬の成長ステージや抱えている病気などによって、摂取すべき栄養は様々です。
しっかりとした知識をもって、彩りをもった愛犬との生活をお過ごしください。

犬の適正カロリーと栄養バランス、与えて良い食材を知り、愛犬と手作りごはんを楽しむには?
犬の管理栄養士通信認定講座で、犬の内面から健康を維持できる食事についての知識を学べます。

犬の年齢・体調・持病などに対応した栄養を学び、犬の健康を食事から支えるには?
犬の管理栄養士アドバンス通信認定講座で、犬のライフステージや病気に合わせた食事の知識を学び、日々の栄養管理や食事療法を実践できます。

▼その他の『食材から見る栄養管理術』はコチラ
さつまいも編

鶏ささみ編

レバー編

 

メルマガ★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)