こんにちは。近年、ニュースや番組で特集されることが多くなった「アニサキス症」皆様、聞いたことがありますか?今回は、動物看護師より、寄生虫についてお話します。

身近な寄生虫

アニサキスとは、クジラやイルカ、サバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生している虫のことです。厚生労働省でも、私たち消費者へ魚を食べるときの注意を呼びかけています。その幼虫(アニサキス幼虫)は、長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の少し太い糸のように見えます。
アニサキス幼虫が寄生している生鮮魚介類を生(不十分な冷凍又は加熱のものを含みます)で食べることで、アニサキス幼虫が胃壁や腸壁に刺入して、激しい腹痛、悪心、嘔吐などの食中毒(アニサキス症)を引き起こします。

【アニサキスによる食中毒の予防法】

  • 魚は新鮮なものを選んで購入する。
  • 1匹丸ごと買った場合は、すぐに内臓を取り除く。
  • 内臓を生で食べない。
  • 目視でアニサキス幼虫がいないか確認する。
寄生虫の分類

アニサキスだけではなく、私たちやペットを取り巻く環境には、寄生虫が沢山います。寄生虫を大きく分けると、「内部寄生虫」「外部寄生虫」とに分けることができます。

  • 内部寄生虫
    消化管などの身体の内部に寄生している。回虫、コクシジウム、瓜実条虫など

内部寄生虫は、感染経路は様々ですが、排泄物から寄生することがありますので、排泄物はすぐに処理し、常に清潔に保つことが大切です。

  • 外部寄生虫
    動物の皮膚表面に寄生する。ノミ、ダニなど

外部寄生虫は、山や草むらで遊んでいて寄生されることがあります。

外部寄生虫「マダニ」について

犬猫に付くダニ(マダニ)は、畳や絨毯に居るダニ(コナダニ、チリダニなど)とは違います。畳に居るダニは、人間や動物の皮脂や毛、食物のカスを食べて生きていますが、マダニは吸血することで栄養を獲得しています。
マダニは、草の葉先に潜んでいて、動物がその上を通ったり、匂いを嗅ごうとしたりして鼻を近づけたときに、動物に移動します。皮膚まで歩いていき、皮膚にキバを刺し、継続的に吸血します。2mm程のマダニは10mmに大きくなり、十分に栄養を摂ったら産卵して増えていきます。人間も刺され吸血されます。

マダニに吸血されると、貧血(犬)になったり、バベシア症(犬)、ライム病(人)、SFTS(重症熱性血小板減少症候群・人)になったりします。場合によっては、死亡することもあります。

動物の予防は、首に垂らす液体の滴下剤や内服薬が効果的です。定期的な投薬を忘れずに行ってください。
もし吸血しているマダニを見つけたら、その場で適当に除去せずに、動物病院に行き除去してもらってください。

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)