寒い日が多くなってくると『あったかいものが食べたい』と思う事も増え、身体の中から温まる食べ物を食べたくなりますよね。
一度冷え切った身体は、なかなか温まりません。そんな時に欲しくなるのが、体の芯から温めてくれる食材。実は犬にも、身体を温めてくれる食材はたくさんあります。
そんな食材を活用し、人も犬もこれからやってくる冬本番を温かく過ごしませんか?
今回は、犬の管理栄養士から、身体の中から温めてくれる食材をご紹介します。

手作りご飯で愛犬も身体の中から温かく!!

体の中から温める食材は、意外にたくさんあります。
旬の食材で言えば、サツマイモやかぼちゃ、にんじんなど。
これらを取り入れることで、体内から冷え対策が出来ます。

お肉なら、赤身。L-カルニチンが豊富なラム肉を筆頭に、赤身のお肉は身体を温めるのにとっても効果的。
普段お魚がメインの愛犬なら、サケや鯖に加え、赤身のお魚なども効果的です。

どれも手に入りやすい食材ですから、いつものご飯に加えてみてはいかがでしょうか?
もちろん全て一気に取り入れられるわけではないので、毎日少しずつ与えてあげてください。
※食べ慣れていないものはお腹を壊したり、アレルギーの可能性もあります。
異変が見られる場合はかかりつけの動物病院へ必ず連絡しましょう。

犬に取り入れやすいのは根菜類

サツマイモやかぼちゃ、にんじんといった根菜類は甘みがあって犬達も喜んで食べてくれる食材です。
手作りおやつレシピや市販されている犬のおやつにも、サツマイモのおやつは良くあります。

なぜ、これらの野菜が身体を温めてくれるの?と言う疑問ですが、根菜類は夏に旬を迎える野菜より水分が少なく身体を冷やさないと言われています。
そしてビタミンが豊富で血行促進効果があり、さらにはミネラルも豊富のため、体内の循環を良くしてくれる作用があります。

栄養豊富な食材を摂って身体の中から健康になって、人も犬も元気に今年の冬を過ごせますように!

 

犬の適正カロリーと栄養バランス、与えて良い食材を知り、愛犬と手作りごはんを楽しむには?
犬の管理栄養士通信認定講座で、犬の内面から健康を維持できる食事についての知識を学べます。

犬の年齢・体調・持病などに対応した栄養を学び、犬の健康を食事から支えるには?
犬の管理栄養士アドバンス通信認定講座で、犬のライフステージや病気に合わせた食事の知識を学び、日々の栄養管理や食事療法を実践できます。

▼こちらもチェック!
犬の管理栄養士が解説 愛犬に栄養価の高い旬の食材を!~白菜編~
この記事を読む

メルマガ登録 資格とセミナーの最新情報をゲット

★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)