昨日、1月20日は大寒と呼ばれ、一年で最も寒い時期とされています。
例年この時期は耐寒のための色々な行事が行われたり、寒気を利用した食べ物を仕込むのに最もよい時期とされています。

ただ、私たちはもちろんのこと、犬猫にとっても寒さは堪えるもの。
特に体力のない子犬や体重の軽い小型犬、シニア犬にとって、夏場とは違う危険性が潜んでいます。
今回は、冬場の熱中症と水分補給、天候が犬猫の体調に与える影響を犬猫飼養アドバイザーよりお話します。

今年は暖冬とはいえ、日によって気温の寒暖さが激しい傾向が見られます。
それは、寒いだけの日々が続くより心身にストレスがかかるもの。
体調の変化には充分気をつけましょう。

室温と湿度に注意

寒さに気をとられるばかりに、暖房器具の設定温度を高めに設定してしまうことがあります。
それに加えて、インフルエンザ対策などを考慮して、加湿器を併用しているご家庭も多いのではないでしょうか?
そうすると、予想以上に室温が高くなってしまうことがあるので、冬であっても熱中症への注意が必要です。
同じように、ホットカーペットやこたつを好む犬猫、天気の良い日に窓辺で長時間日向ぼっこをしている場合などは、気がついたときには脱水症状や熱中症になっていることもあるのでこまめに様子をみてあげましょう。
というのも、寒い時期はペットたちも人間同様、飲水量や飲水回数が減り、体内の水分量が少なくなる傾向にあるからです。

飲水量をカバーする

寒い時期、特に猫は水を飲ませるのに苦労します。
シニア犬にも同様のことが言えます。
そのようなときは、スープ仕立てのおやつや缶詰めがもってこいです。
お店などで水分補給を謳った製品を見かけることも多くなってきました。
それらを効率的に活用して、平時の水分量を維持できるように工夫してみましょう。

ただ、食事制限等でそういったおやつを与えることができないときは、いつも与えているフードをお湯や肉類だけを煮たスープでふやかしてあげましょう。
もちろん、最初からすべてのフードをふやかすと食べない場合もありますから、まずはほんの少量から試してみましょう。

冬場の天候急変が体調不良の原因となりえる

気圧が下がったり天候が急変すると体調を崩す人がいるように、犬猫も天候によって体調不良を起こす場合があります。
特に腎臓に持病を抱えている子は、寒さによって飲水量も減っていることからより危険度が増します。
毎日の飲水量、飲水回数、排尿の回数や量、わかるようなら色までチェックし、記録を取るようにすると、ほんの少しの変化にもすぐに気がつけるようになります。

ただ室内を温かく保つだけではなく、ペットに起こりえる冬場の危険性を知り上手に対処することで、安全に寒さを乗り切りましょう!

 

ペットとの暮らしを知り、健全なペットライフを送るには?
犬猫飼養アドバイザー通信認定講座で、犬猫の適正飼養についての知識を学べます。

 

▼こちらもチェック!
【獣医師からの健康注意点】冬に多い犬や猫の泌尿器系疾患について

 

 

▼こちらもチェック!
【ワンポイントアドバイス】冬は注意が必要なペットの低温火傷・隠れ脱水症

 

 

メルマガ★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)