だいぶ朝晩が冷え込むようになりましたね。
秋が深まり肌寒くなってくると、そろそろ暖房器具の出番ですね。
今回は暖房器具の使用にあたって、ペットと暮らす飼い主さんに注意してほしい点について愛玩動物救命士からお話します。

温度・湿度の管理

犬猫達は、冷たい空気が溜まる床面の近くにいます。
私達以上に気温の変化に敏感になり、体調を崩しやすい季節です。
ペットが、日中は飼い主さんと一緒に暖房の効いた部屋で過ごし、夜寝るときは暖房を切った部屋で過ごす場合は要注意。
ペット用ホットカーペットなどを上手に使って、昼夜の温度差を少なくしてあげましょう。
また、暖房で空気が乾燥するようであれば、加湿器も併用して湿度のコントロールもしましょう。

ペットの感電事故に注意!

電気のコードやコンセントを噛んで、感電事故を起こす場合があります。
特に子犬や子猫は要注意!
万が一コードを噛んだ場合は、すぐにブレーカーを落とし、飼い主さんが感電しないようにゴム手袋をはめてから、コンセントを抜いて下さい。
意識を失っている場合はすぐに病院へ「緊急です!」と言って連絡を入れてください。
元気があっても、口の中やまわりを火傷していたりするので、必ず診察を受けるようにしましょう。

感電は冬以外でも通年起こり得ますが、冬場は電気ストーブやホットカーペットのコードが増えるので特に気をつけましょう。
ウサギやハムスターも同様に注意が必要です。

ホットカーペットによる低温火傷も注意!

火傷を見つけたら真っ先に行うことは、冷やすことです。
ビニール袋に氷水を入れ、赤く腫れているところを冷やしながら、動物病院へ運んでください。

火傷が広い範囲に渡るときは、できれば滅菌ガーゼで患部を覆いましょう。
脱脂綿は繊維がはがれやすいので避けてください。

低温火傷の場合は皮膚が真っ赤になり、毛が抜けたり、赤く腫れて水ぶくれになることがあります。
動物は被毛があるので発見しにくく、数日後に気づくということも。
お腹のあたりを注意してみてあげてください。飼い主さんの判断で薬やクリームなどは塗らずに、必ず動物病院を受診してください。

お風呂には極力近づけない

猫はお風呂のふたの上も大好きです。
体重で蓋がずれ、湯に落ちて火傷をしたり、溺れたりしないように気をつけてあげて下さい。

 

暖房器具を上手に使い、飼い主さんもペット達もこれからの季節を快適に過ごしましょう。

 

ペットにふりかかる可能性のある危険を知り、事故や緊急事態を招かないためには?
愛玩動物救命士通信認定講座で、犬猫の安全を守り、もしもの時に対処できる知識を学べます。

メルマガ登録 資格とセミナーの最新情報をゲット★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)