一昨日の9月1日は防災の日。
10万人もの死傷者・行方不明者を出した関東大震災の被害を忘れないようにと、制定されました。

関東大震災は地震と津波、そしてなにより火災による被害が大きい災害でした。
最近の日本では、豪雨災害が多く、今年も熊本の被害を皮切りに、各地で豪雨被害に見舞われました。

そして、今年なによりすごいのは「雷」です。
突然の雷雨は、人間のみならず、犬や猫にとっても非常に強いストレスになります。雷を怖がる犬猫のために何が出来るか、愛玩動物救命士と一緒に見ていきましょう。

雷を怖がる子と怖がらない子の差

大きな音と光が突然起こる雷は、犬や猫にとって大敵ともいえる現象です。

とはいえ、鳴っても気にせず寝てる子もいれば、鳴る前からソワソワする子がいるのが現状。

では、鳴っても気にしない子はなにか特別なトレーニングをしているのでしょうか?

もちろん盲導犬などワーキングドッグと呼ばれる犬たちは、仕事中に雷に怯えるわけにはいきませんからトレーニングを受けています。
しかし、一般家庭で飼われていて、特にトレーニングをした覚えがなくても平気な子もいます。

これは、実は飼い主さんがどれほど雷を怖がるか、が大きく影響していると言えます。
家族の中に雷を怖がる人がいると、犬や猫はその人の不安感や恐怖心を感じ取ってより恐怖心を覚えてしまうのです。

そうして「雷は怖いもの」と学習してしまうと、次は雷が近づく黒い雲や気圧の変化など、人間には気がつかない前兆を感じ取ってソワソワするようになります。

雷を怖がる子は花火も苦手

私たちには違う音とわかっていても、犬にしても猫にしても大きな音、という意味では恐怖心は一緒です。

夏場、飼っている犬と一緒に花火大会を楽しみたいと会場に連れていく人もいるようですが、たくさんの人、色々なにおい、雑音、そして花火の大きな音、と犬にとっては不快でしかない環境であることを念頭に入れておきましょう。

楽しい思い出は他の行事でも作れるはず。
平気だからといって連れ出す行為が犬にとってはストレスになっている可能性があることを忘れずに。

慣らすために出来ること

よく、雷など大きな音を録音して日頃から小さな音で流しておくと慣れるようになる、とトレーニングでは紹介されます。
しかし、これが全てではないのです。

前述したように、雷の前兆である空模様や気圧の変化に反応して不安に陥ってしまう子は、雷の音だけに慣らしても、実際の現象と結びつかない可能性があります。

そのため、パニックを起こしてケガをする、部屋の中にあるものを壊してしまうなど、雷への恐怖反応が重い場合には、獣医師に相談して安定剤などの処方をお願いするとともに、天気の急変を知らせるアプリを利用したり、留守中に起こることを念頭に置いて、朝からペットホテルに預けたり、ペットシッターなどを利用するなど様々なツールを利用して万全を期しましょう。

 

 

犬猫の安全を守り、事故や病気、緊急事態を招かないためには?
愛玩動物救命士通信認定講座で、犬猫の周りの危険性を知り、もしもの時に対処できる知識を学べます。

 

▼こちらもチェック!
犬猫を雷に慣れさせる方法と慣れない場合の対処法

台風をこわがる犬・猫 まずは飼い主さんが落ち着こう!

 

メルマガ★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)