師走に入り、これからが寒さの本番。
この時期に特に気をつけたいことが、猫の水分補給です。
冬場はそれ以外の季節よりも本当に水を飲まなくて心配、という相談をよく受ける猫疾病予防管理士から猫の水分補給についてアドバイスします。

そもそも猫に積極的に水分は必要?

乾燥地帯発祥の猫は、あまり水分を取らなくても大丈夫なように進化したわけですが、野生で生きていた猫は獲物から水分補給できていたのに比べて、現代社会で、しかも室内で暮らす猫たちにはしっかり水分補給してもらう必要があります。

なぜ冬場は水を飲みにくくなるのか?

寒さに弱い猫たちは、冬場は暖かいところで寝ることが増え、運動量が減ると水を飲む量も比例して少なくなります。
加えて、冷たい水が苦手ということも水を飲まない原因のひとつと言われています。
しかし、それでは尿が濃くなってしまい、尿路結石という病気や、腎臓に負担がかかることで、病気になってしまいます。

すぐにできる対処法

猫たちが少しでも水分補給をしてくれるように今日からできる対処法をお伝えします。

①ぬるま湯を用意する
冷たい水は苦手なので、最初からぬるま湯を用意するか、室温に近くなったものを与えるようにする。

②新鮮な水を用意する
猫は水の味がわかるといいます。新鮮なお水を用意しましょう。

③水飲み容器を数個用意する
猫の通り道に何個か水飲み容器を置くことで、歩くついでに水を飲んでもらえます。
また、ヒゲが容器に当たると気になって飲めない、という猫もいますので、少し大きめの容器を用意するのもいいかも知れません。

④フードをふやかすもしくはウェットフードを与える
ドライフードは水分をほぼ含んでいませんので、お湯でふやかしたものを与えるか、ウェットフードを混ぜることで食事から水分を摂取することができます。

などの方法があります。
もちろん猫によって好みは様々ですから、猫用の牛乳を用意する、スポイトなどを使って直接口の中にお水を含ませる、などといった方法も考えられます。

まずはご自宅の猫の1日の水分摂取量がわかるように観察し、いつもより少ないな、など感じた時は、上記のような対応を行いしっかりと水分が取れるように工夫してみましょう。
そして、おしっこの量が少ない、短時間に何度もトイレにいく、など常に見られない行動をしたときは、排尿に違和感を感じている可能性がありますので、すぐに動物病院に連れて行き、状況を獣医師に相談しましょう。

不調を隠しがちな猫の健康状態を把握し、病気にいち早く対応するには?
猫疾病予防管理士通信認定講座で、犬の日々の健康管理と、病気の早期発見のための知識を学べます。

▼こちらもチェック!
猫疾病予防管理士が解説 猫の腎不全を知ろう
この記事を読む

 

犬の在宅看護師と猫疾病予防管理士が解説 冬に多い犬や猫の泌尿器系疾患について
この記事を読む

 

 

愛玩動物救命士が解説 冬は注意が必要なペットの低温火傷・隠れ脱水症
この記事を読む

 

 

メルマガ登録 資格とセミナーの最新情報をゲット★SAE公認動物講師からのプチ講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)