まだ5月中旬といえばいいのか、すでに5月中旬といえばいいのか。
例年あと少しで梅雨シーズンの到来で、犬たちのお散歩も悩ましい時期がやってきますね。
本格的な雨のシーズンを前に、天気の良い日は遠出を楽しみたい、そんなご家庭もあることでしょう。
今回は気をつけたい植物として、「藤(フジ)」を愛玩動物救命士からご紹介しようと思います。

まずは藤という植物について

公園などで見かけることもある藤棚。
藤の花は、4月中旬から5月中旬にかけてピンク、紫、白、黄色の花が順に咲き誇ります。
咲きたての頃にはほのかな香りですが、満開の時期に藤棚へ近づくと、ジャスミンに似たほのかな甘さのあるお花の香りが感じられ、また、その見た目の美しさからも満開の藤棚を楽しみにしている人もいるのではないでしょうか。

そんな藤は、マメ科フジ属のつる性落葉木本で、日本の固有種。
現在はその美しさから世界各地で植えられ、観賞用として楽しまれてもいます。
良く見かける藤は「ノダフジ」と呼ばれる種類らしく、その蔓(つる)は他の木などに右巻き(上から見て時計回り)に巻きつき、2mほどの長さになることもあるそうです。
同属のヤマフジとよく混同されてしまうようですが、ヤマフジのツルは左巻きなので区別がつくのだとか。
皆さんがよくみる藤のツルはどっち巻でしょう?

犬への危険はある?ない?

さて、この藤。
犬たちにとって危険はないのでしょうか?
実は、「藤の葉」、「樹皮」には「ウェスタリン」という毒性が、「豆」や「サヤ」には「シチシン」という毒性が含まれています。
そして、「藤の花」には「レクチン」という毒性が含まれています。
食べてしまうと嘔吐、下痢、胃腸炎などを起こすと言われており、まれに死亡する場合もあるので注意が必要となります。
藤に似ている花でエニシダ、キバナフジも有毒ですので気を付けましょう。

犬たちにとって危険、とは言いましたが、あまり知られていないようですが、藤の花を天ぷらやおひたしなどで楽しむこともあるようです。
その際も、しっかりと加熱したうえで、旬のものを楽しんでいるわけですが、加熱が不十分だと人でも嘔吐や下痢を起こすことがあるそうです。
藤の花を食べてみようかな、と思った方は、まずはしっかりと加熱することと、加熱したとはいえ、犬たちにはおすそ分けしない方が良いということを覚えておいてください。

  
犬猫の緊急時の対応、病気の知識を持ち、犬猫の事故を防ぎ、健康管理と病気の予防対策を行うには?
愛玩動物救命士通信認定講座犬の健康生活管理士通信認定講座猫疾病予防管理士通信認定講座で、犬猫の事故・怪我や病気と予防管理についての知識を持ち、犬猫が安全に健やかに生きるための知識を学べます。


ペットと暮らすことを正しく学び、健全で幸せなペットライフを送るには?
犬猫飼養アドバイザー通信認定講座で、犬猫の適正飼養や飼い主の心構えについての知識を学べます。

[関連記事]こちらもチェック!

新緑がまぶしい季節となりました。 この時期によく見かけるのが「スズラン」という植物。 白い鈴のような形の花をたくさんつけるこの植物は、大変人気のある花であるとと...

: #

続きを読む

早いもので5月も終盤。 植物たちもどんどん勢いづき、色彩鮮やかになっていきますね。 今回はペットに危険な植物シリーズで、「ツツジ」について愛玩動物救命士からご紹...

: #

続きを読む

東海まで梅雨入りが発表され、関東甲信も梅雨入り宣言が秒読み段階の今日この頃。 今年も長雨の季節が始まりましたが、この時期、雨の合間を縫って散歩にいくのはやはり楽...

: #

続きを読む

\ためになる情報が満載/
SAEのSNSでも、お得なキャンペーンやセミナー、生活に役立つワンポイントアドバイスなど様々な情報を発信しています。ぜひ、フォローしてくださいね!